ただでさえ破格な格安航空券を、もっと安く利用する方法があります。

- スターフライヤーの早割の魅力

スターフライヤーの早割の魅力

格安航空券を提供する航空会社は多いです。大部分の航空会社は早期割引を導入しています。そしてLow Cost Carrierの略であるLCCの存在は大きいです。その中でもサービスの良さで注目されているのがスターフライヤー。この記事では【スターフライヤーの早割の魅力】について解説します。

ラインナップが多いスターフライヤーの早割

7割引きのシール
1日前から80日前まで8種類のプラン数ですから多いです。これならば自分の予定にあった早割を手配できます。早ければ早いほど安くなります。
「そら旅80」を使った場合はノーマル運賃の7割引ほどになります。とっても魅力的でまさに価格破壊。

8種類の中身はSTAR1・STAR3・STAR7の直近割引とそら旅21、そら旅28、そら旅28、そら旅45、そら旅60、そら旅80の早期予約割引です。遊びの旅行やビジネスの出張のスケジュールによって選べます。
一番安いのが「そら旅80」で、これは80日前までに予約しなければなりません。
早く予定が確定しているならば、迷わず「そら旅80」の残席をチェックしてください。

同じ早期割引でも日本航空や全日空よりも安い!

東京と九州を結ぶような路線であれば、文句なしにスターフライヤーに軍配が上がります。そして、他の格安航空会社(LCC)と違って、早割プランで座席を予約してもサービスの中身は変わりません。
機内サービスも同じです。違ってくるのは、予約変更やキャンセルの制限がプラスされるだけです。

手荷物の条件も変わりません。座席のピッチも広いですし、機内の設備も充実しています。
一般的な座席は180席ですがスターフライヤーの場合は150席です。座席シートも黒の革張りで高級感があります。ヘッドレストとフットレストも標準装備でまさにプレミアム感が満載です。

いかがでしたでしょうか?

スターフライヤーの早割の魅力をご紹介しました。料金的なメリットだけではないです。
サービス全体で比較した場合に、とってもおトク感がある航空会社です。
格安航空券で乗るには申し訳ないほどです。座席には電源もありますから、ノートパソコンで仕事をしたり、iPhoneやAndroid携帯などのスマートフォンで音楽を楽しめます。
座席の前にはモニターディスプレイもありますので飽きることもありません。

ドリンクも基本的に無料ですし、コーヒーはタリーズとコラボしたスペシャルブレンドです。
おまけにチョコレートまでついてくるサービスの充実ぶりに驚かされます。

関連記事:

ページ上に戻る