ただでさえ破格な格安航空券を、もっと安く利用する方法があります。

- お得な格安航空券の買い方とは

お得な格安航空券の買い方とは

近年、スカイマークなどの格安航空よりも、ジェットスターなどの成田乗り入れのLCCへと切り替える方の数が増えているとか。やはりその安さに惹かれて利用者が増えることも頷けます。

成田までの道のりも、行き方によっては楽になる

「格安航空券に釣られて成田便を予約したけど、成田エクスプレスや京成スカイライナーも安くないんだよな……」

なんて思っている方も多いのではないでしょうか。
私も成田便をしばしば利用しますが、その時に選ぶ交通手段は「バス」です。
東京駅から出ているシャトルバス(THEアクセス成田、東京シャトル)を利用すれば、往復2,000円ほどに抑えられます。

「高速バスって予約とか必要で面倒臭そう…」

なんて思ってる方にこそ、おすすめです。
上記のバスは、もちろん事前予約もできますが、当日そのバス停で並んでもその場で運賃を払って乗ることができます。
ハイシーズンに利用予定の方には事前予約をおすすめしますが、経験上1~2便ほど見送れば大抵乗ることができます。
所要時間も東京駅から1時間弱なので、一眠りするのにちょうどいいくらいです。

成田空港での過ごし方

成田就航のLCCは、価格を抑えている代わりに1日の乗り入れ回数はANAやJALに比べ、多くありません。
その為、外国の方々が国内乗り継ぎの為にLCCを利用し、待合室の片隅で寝転んでいるのをよく見かけます。

待ち時間が1時間程度の場合は、第三ターミナル内の飲食店で時間を潰してもいいかもしれません。
しかし、数時間の待ち時間がある場合では暇を持て余してしまいます。

そんな時、私は成田空港内の無料循環バスを利用します。
10分以内感覚程度でバスはやってきますし、第二ターミナルまでの移動時間も5分程度です。
あまりにも長い待ち時間がある時は、思い切って別のターミナルで時間を潰してもいいと思いますよ。
第一、第二ターミナルは日本の玄関口でもありますし、気合いの入ったお店も多いので観光がてら出向いてみるのもオススメです。

格安航空券をさらにお得に買うには

お得と書かれたマーク
LCCのチケットは、王手のANAやJALに比べ随分とお手頃な価格です。
その中でも、さらにお得にチケットを手に入れるには、各社が不定期に開催するセールをこまめにチェックすることです。

ハイシーズンはセール対象外となることもありますが、ジェットスターなどは約二ヶ月後のセールを不定期で開催しています。
旅行に行く予定が早めに決まっている場合などは、予定月の三ヶ月ほど前から定期的にHPをチェックすることをおすすめします。
また、同じくLCCのバニラエアでも、わくわくバニラセールというものを不定期開催しています。

3000円代くらいのチケットも販売されることがあるので、セール情報を見てから旅行の予定を立てると、一番効率がいいかもしれませんね。

早朝便への対処法

LCCと言えば、早朝便の早さがよく問題視されますが、考え方を変えてしまえばなんてことはありません。
都内に住んでいる方であれば、最寄りの駅から始発に乗り、上記の東京駅発のシャトルバスを利用すれば案外間に合ってしまいます。
手荷物を少なくすることで検査場での時間を短縮し、webチェックインを済ませておけば、空港で作業する必要もありません。

それでも間に合わないという方は、前泊をおすすめします。
成田近辺には多くの早朝出発プランを有する格安ホテルがあります。
前泊の場所も成田近郊よりも、東京駅近辺でカプセルホテルなんかに泊まった方が安く済むこともありますので、その時々に応じて比較してみてはいかがでしょうか。

関連記事:

ページ上に戻る